読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外就活事情

海外生活 キャリア

日本を出てから5年半が経ちました。アメリカ2年、パラオ2年、スリランカ1年半。最近、家族に「いつ帰ってくるの?」と聞かれなくなり、この海外生活が標準として受け入れられたんだなあと思います。

でも親戚や知り合いには相変わらず、「いつ就職するの?」「今度はスリランカ?あちこち飛ばすなんてひどい会社だね」などと言われ、一つの働き方として理解してもらうのはなかなか難しいなあと思います。

 

私は、いろいろな(主に日本政府系の)機関で、2〜3年の契約で国際開発関係の仕事をしています。2、3年ごとに就活をしなければならないので、不安定だと思われたり心配されたりするのですが、一度飛び込んでしまえば大したことではありません。私は日本の大学からアメリカの大学院に直接進学したので、最初の就活は日本の新卒就活と同じで辛かったですが、二度目からは選り好みしすぎなければ仕事はいくらでもあります。契約と契約の間が開いてしまったり、待遇が前職より落ちるようなことはありますが、どこでどのような待遇でどんな仕事をするのかを自分で選べるのがいいところです。逆に、同期の絆や組織への所属意識はとても低いので、その点は他の人を見て羨ましいと思うこともあります。

 

大学院時代、外部講師としてあるコースを受け持っていた大手NGOのプログラム・ディレクター(日本の企業で言うと部長ぐらいの役職)の人が、授業である就職サイトを紹介してくれた際、「私は今転職を予定していないけど、どのようなオプションがあり得るのか把握するためにこのサイトは常にチェックしている」と言うのを聞いて、衝撃を受けたのを覚えています。

また、パラオで働いていたとき、ジュネーブから視察に来ていたある国際機関のディレクターからLinkedIn(キャリア用ソーシャルネットワーク)のネットワーク申請が来たので、ここまでキャリアを上り詰めているように見える人でもまだアンテナを張っているんだなあと驚いていたら、その数ヶ月後に彼は転職していました。

私は年を取ってからも上昇志向を持ち続け、積極的に行動していてかっこいいと思いましたが、自分のキャリアばかり気にしていて今の仕事に集中できないじゃないか、と思う人もいると思います。また、同僚たちがいずれ同業の別組織に転職していく前提だと、信頼しあって仕事をすることが難しいというのも確かです。日本には日本の素晴らしい組織力がありますが、好きでも嫌いでもこの欧米式が世界標準なので、海外で働くなら受け入れてやっていくしかありません。でも今の私にはこの働き方が合っていると思います。

 

では実際にいつもどのように就活しているのか紹介します。

1.CV・Resume

Curriculum Vitae (CV)やResumeとは、履歴書のことです。日本とは違って自由様式で、メールアドレスなどの連絡先の下に、職歴や資格、学歴を列記し、写真はつけないのが普通です*1。"CV sample"などと検索すると、たくさん例が出てきます。

f:id:Rikonish:20170109020752p:plain

(CVの一例。free CV examples, templates, creative, downloadable, fully editable, resume, CVs, resume, jobs

このようなCVに短いアピール文を書いたカバーレターをつけて、企業に送りつけます。新卒で職歴のところに全く書くことがないとかなり厳しく、また応募しているポストの仕事に関連した経験でないと、たくさん書いても意味がありません。だから欧米の学生は、インターン等で経験を積むのに必死です。大学院のキャリアカウンセラーに、"Build up you resume!"と毎日のように言われていましたが、履歴書で「私はこれまでこういう仕事をしてきたから、あなたの組織でもこういう貢献ができます」というストーリーを描けないといけません。

こうやって書くと、今の仕事は次の就職のために履歴書に書くネタ作りのように聞こえてしまうかもしれませんが、実際そういう面も否定できません。私は、その中でも、限られた契約期間の中で、完全な内部の人間でないからこそできる、外からの視点を生かした仕事をしたいと思っています。

また、CV例の最後にあるReferenceというのは、前職の上司など、以前仕事をしたことのある人からの紹介です。採用担当者は、この紹介者に連絡を取って評価を聞くこともあります。転職がキャリアアップの手段として広く認められているからこそ成り立つものですが、ときどき求人情報に「応募書類に紹介者3名からの紹介文を添付すること」 などと書かれていることがあり、取り付けに苦労したりもします。

2.求人情報

公募の求人情報は、日本で言うマイナビのような就職サイトで探します。indeedやMonsterといった一般的なサイトや、イギリスやオーストラリア等国ごとのサイトもありますが、業種ごとのサイトで探すのが効率的です。開発系では、世界最大手はDevex、 日本ではPARTNERというサイトがあります。

Job Search | one search. all jobs. Indeed.com

International Jobs, Global Jobs, Jobs Abroad | Monster.com

Devex International Development

PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト

業種別のサイトは、自分がやってみたい仕事のキーワードを入力してみて、どのような仕事があり得るのか見てみるのがお勧めです。求人情報内のQualificationsという箇所を見れば、その仕事に就くにはどのような経験や学歴が必要か書いてあるので、今は応募できなくても、いつかそのポストに就けるよう目指すには何をしていけばいいのかわかります。

また、眺めているうちに、自分の関心がある分野では、どの企業や組織が求人を出しているのかがわかってきます。その企業・組織のウェブサイトに行くと、見出しタブや組織概要(About Us)の中にCareer, Jobs, Work With Us等の項目があるので、その組織の求人情報を漏れなくチェックすることができます。

多くの求人情報をチェックするのは面倒ですが、2年前には応募できなかった仕事に手が届くようになったとか、こんな魅力的な仕事があるのかとか、うれしい発見もたくさんあって、これまでのところ楽しんでやっています。 

3.LinkedIn

LinkedInは、facebookのように実名を使ったソーシャルネットワークですが、キャリア用に特化されたものです。世界で4億人が登録していて、CVの内容をアップロードしたり、業種や企業ごとにグループでネットワークを形成することができます。


What is LinkedIn?

この動画を見ればわかるように、基本設定だと名前を検索するだけで、LinkedInに登録している情報がわかってしまうので、注意が必要です。一方、企業の採用担当者の中には必ず応募者の名前を検索するという人も多く、プロフェッショナルなプロフィールを検索できるようにしておくのも利点はあります。

www.linkedin.com

4.ネットワーキング

これまでオンラインでの就活についていろいろ書いてきましたが、こうした求人には多くの応募が殺到するので、どんなにいいCVを作って送っても採用担当者の目に止まる確率は低いかもしれません。業種にもよると思いますが、結局はネットワーキング(コネ作り)が一番大切です。

自分の関心のある組織のイベントや、その分野の国際会議や研修等にはなるべく参加するようにし、周りの人たちに話しかけ、名刺を交換しておきます。こういう機会を通して同業者と繋がっておくと、思いがけず有意義な情報を教えてもらえたり、運がいいと仕事を紹介してもらえることもあります。もちろん、そういった展開につながらないことの方が多いので、同業の人たちと広く交友を深めたいという気持ちがまずあって、その副産物として情報を得られたらいいなというぐらいでないと続きません。 

5.ビザ・勤務形態

海外で働くのに、一番難しいのはビザの問題です。例えば、アメリカでは就労ビザを取得するのに雇用者に100万円ほどのスポンサー料を負担してもらわなければいけなかったりします。途上国でも、就労ビザの取得は意外と難しいものです。

一番簡単なのは、現地の組織ではなく、国際組織や日本の組織に採用された後で、駐在員として派遣してもらうことです。ビザは取ってもらえるし、普通は在外手当や家賃補助がついて、現地で採用される場合よりも待遇がよくなります。派遣元組織のある国(日本の企業なら日本)の基準で給与や手当が出るので、勤務先が途上国だったりして物価が安い場合には、割と余裕のある生活ができます。現地の言葉ができなくても、組織の公用語(英語や日本語など)ができれば採用されることもよくあります(ただし、スペイン語、中国語など主要な言語が使われている国では、その言葉ができないと難しい場合も多い)。

現地採用のいいところは、仕事を見つけやすいことだと思います。現地の事情をよく知っていて、言葉もできるということであれば、国内外のいろいろな企業から声がかかりますし、まずその国の求人情報は現地にいた方が断然入ってきやすいです。もし働きたい国が決まっていて、ビザや家賃の問題がない場合には、一つの選択肢だと思います。

 

これを読んで、なんだこれぐらいならできそうと思った人も、やっぱり不安定だからやりたくないと思った人もいると思いますが、知らなかった人にもこういう仕事の仕方もあるのか、と知ってもらえたらありがたいなと思います。

 

*1:写真をつけると、肌の色など外見での差別が意識的・無意識的にされやすいという事情があります。ただし、名前だけでも人種がわかることが多いのでこの問題は残っています。アメリカで、José(ラテン系とわかる名前)という人が、履歴書の名前をJoeに変えたら、返信が格段に増えたという話が広く報道されたこともありました。

www.huffingtonpost.com

『昨日の午後のこと』 ワルサン・シレ 

文学


f:id:Rikonish:20161121033441j:image
叔母さんの家に火がつけられた

テレビみたいに泣いた

お腹から崩れ落ちて

半分に折れた5ポンド札みたいに

かつて私のことを愛してくれた人に電話した

平静を装って

もしもしと言った

彼の返事は、ワルサン、どうしたの、何があった?

 

私はずっと祈り続けていた

祈りの言葉はこう

神様

私には二つの母国があります

一つはカラカラに乾いている

もう一つは火に包まれている

両方とも水が必要です

 

その日の夜遅く

膝の上に地図を広げた

指で世界中をなぞった

そしてささやいた

どこが痛いの?

地図は答えた

からだじゅう

からだじゅう

からだじゅう

 

*日本語訳は勝手につけたもの。

ソマリア難民の子としてケニアで生まれ、1歳からイギリスで育ったWarsan Shireは、同い年なのに、考えと言葉が本当に深くて、一番尊敬する詩人。ビヨンセのアルバム”LEMONADE”に収録されている”Hold Up”という曲の最初でビヨンセが朗読しているのは、”For Women Who Are Difficult to Love”というシレの詩です。

シレのツイッターwarsan shire (@warsan_shire) | Twitter

youtu.be

ストリート・ハラスメント(街中での嫌がらせ)を撃退するための4つの方法

フェミニズム 海外生活

スリランカの首都コロンボは、とても住みやすい街です。もちろん日本と比べたら不便だけど、治安もいいし、街はきれいだし、生活に必要な最低限のものは何でも揃います。ビーチも近いし、建築はコロニアルもモダンも素敵だし、夕方はインド洋に沈む夕日を見たり、水曜の夜はフリードリンクのバーをハシゴしたりと、とても充実しています。

f:id:Rikonish:20161118040549j:plain

f:id:Rikonish:20161118044627j:plain

そんな楽しいコロンボ生活で唯一、本当に嫌で嫌でたまらないのが、道を歩いていると知らない男性に声をかけられること。ちょうどいい日本語がないけど、英語ではstreet harassment(道端での嫌がらせ)やcatcalling(猫を呼ぶように声をかけること)と言います。道を歩いているだけで、バスに乗っているだけで、すれ違いざまや少し離れたところから、ニヤニヤしながら声をかけられます。口笛やクラクションを鳴らす、無意味に呼びかける、女性の身体に関するコメント、ひどい時には強姦をほのめかすような言葉まで、程度は様々ですが、どれも本当に不快!腹が立つし悔しいけど、ほとんどの女性は聞こえないふりをして、下を向いて足早に通り過ぎています。ピンとこない人は、ニューヨークで女性が一人で歩くとどうなるかを記録した動画があるので見てください。*1

www.youtube.com

 声をかけられて喜ぶ女性がいるなどと言う人がいますが、これを見れば、たいていの人はとても嫌な気持ちになるだろうということがわかってもらえると思います。コロンボでは、外国人でもスリランカの人でも、この類の嫌がらせに遭遇する頻度は半端ではなく、私の知っているコロンボ在住女性の半分以上は、嫌がらせを受けたくないからという理由で、歩ける距離でも常にタクシーやトゥクトゥクで移動しています(もちろん安くないので、払えなければ嫌でも歩くしかない)。嫌がらせに遭うとそのままUターンして家に帰りたい気持ちになるし、出かける前に「この服は目立ちすぎるかも」と悩んで着替えることもしょっちゅう。道端でくだらない暇つぶしをしているレベルの低い人たちのために自分の生活を制限されるのは本当に許せないけど、やはり無意識のうちに気になってしまいます。たまに日本やタイなどの国に行くと、周りを気にせずに堂々と歩けるのがこんなにも開放感があるものかと感動します。

 

ちなみに、男性と一緒にいるときには声をかけられることはほぼありません。だから、男性の中にはそのような問題があることを認識していない人も多くいます。また、被害にあったことを言うと、男女問わず「女性が一人で歩くのが悪い」「短いスカートを履いていたんじゃないのか」「それぐらいのことで被害者ぶるな」などと言う人がいます。安易な被害者批判はどの国でもあることですが、たとえ裸で歩いていたとしても、嫌がらせをしていいということにはなりません。ちなみに先ほどの動画の女性もTシャツにジーンズでしたが、服装や時間帯に気をつけても嫌がらせは避けられません。身の安全を守るために注意深い行動をすることは大切だけど、自分は加害者ではないからと言って他人事扱いしたり、ましてや被害者を批判しているようでは永遠にこの問題は無くなりません。あるアメリカの大学生のプロジェクトで、強姦被害にあった女性がそのとき着ていた服の写真を集め、被害者批判に抗議するものがあります。とても力強いメッセージです。

15 powerful photos break the connection between 'sexy' clothes and sexual assault.

こういう公共の場でのハラスメントは、スリランカに限らず世界のどこでもあることです。日本は、女性が夜でも一人で歩けるすばらしい国だけど、とても恥ずかしいことに電車での痴漢行為は病的に蔓延しています。例えば、145か国を対象としたギャラップ社の調査(2011年)では、日本では、81%の男性が夜一人で歩いても安全と感じると回答したのに対し、女性は57%でとても低くなっています。ちなみにスリランカは男性76%、なんと女性は77%。

www.gallup.com

世界16都市で、女性にとっての公共交通機関の安全性を調べたトムソン・ロイター財団の調査(2014年)では、東京では、身体的なハラスメントがあると答えた女性は16都市中4位ととても多いのに、「安全」な交通機関を利用できる、と答えた女性も多く、15位となっています(コロンボは調査対象外)。

news.trust.org

こうして見ると、日本でもスリランカでも、女性が「安全」の定義を「身体的に傷つけられる危険がないこと」だととらえているのではないかと考えられます。でも、女性が昼間でも外を出歩いたり電車に乗ったりすることをためらうような街を、安全とは言えません。根本的な解決のためには、子どもたちに女性を尊重することを教え、周りの人たちがハラスメントを許容せず断固とした態度をとること、女性たち自身が自由に出歩く権利を正しく認識することが大切です。

街中でハラスメントを受けたら、どう対処すればいいのでしょうか。いつも下を向いてその場を立ち去るだけでは、加害者の行動はいつまでたっても変わらないし、なによりとても悔しくて、楽しく過ごせたはずの1日が台無しになってしまいます。いろいろな対処法がありますが、私が試してみて効果があると思った方法を紹介します。

1.まずは安全確保

何よりも身の安全を確保することが第一。周りに人通りが少ないときや暗くて見通しが悪いときなどは、どんなに悔しくてもすぐにその場を立ち去りましょう。危険が及んだときのために、携帯で誰かに場所と状況を伝え、電話で話しながら歩くのも一つの手段です。アメリカの大学生が開発した、Companion(「同伴者」という意味)という、夜一人で歩くときに現在地と行き先を登録して、友達や彼氏、家族に遠隔で見守ってもらえるアプリもあります。イヤフォンが外れたり、行き先までのルートから逸れたり、倒れたりしたら、安全確認画面になり、15秒以内に回答しないと大音量アラームが鳴って加害者を驚かせ、緊急時には自動で警察に通報されたり、登録した「同伴者」にメッセージが送られたりするようになっている、とても優秀なアプリです。「同伴者」の携帯にはアプリがダウンロードされていなくてもオンラインで確認できるし、アメリカ以外でも使えるのでおすすめです(日本語版はありません)。

youtu.be

Androidhttps://play.google.com/store/apps/details?id=io.companionapp.companion

i Phone: https://itunes.apple.com/us/app/companion-mobile-personal/id925211972?mt=8

2. 通報してみる

制服を着た従業員や学生から嫌がらせを受けたときには、後で会社や学校を調べて通報することもできます。特に、通勤路等で頻繁に同じグループから嫌がらせを受けている場合には、所属先を調べ、通報しましょう。通報してもまともに相手にしてもらえないこともありますが、丁寧に真剣な口調で話せば対処してくれることもあります。

3. 言い返してみる

加害者は嫌がらせをしている自覚がない場合がほとんどです。そういう人たちには、こちらが不快な思いをしていることを伝えなければいけません。逆恨みされる可能性もあるので、怒鳴ったり強い言葉を使たりするのは得策ではないけれど、あまり丁寧に言うのも逆効果。落ち着いた堂々とした態度で、まっすぐ相手の目を見てはっきりと言いましょう。ほとんどの場合、相手はびっくりして逃げ出したり、戸惑って気まずそうにします。英語が通じないこともありますが、こちらが抗議していることは伝わるので、現地の言葉がわからなくても大丈夫。でもできれば現地の言葉で言ってやりたいですね。重要なのは、言い返されても相手にしないこと。不快に思っていることが伝われば十分なので、言いたいことを言ったらさっさとその場を立ち去りましょう。できれば状況や言われたことに合わせた、気の利いた切り返しでぎゃふんと言わせたいけど、緊張しているのがばれないように言い返すのが精一杯。定番を考えておけばとっさに切り替えせます。例えば・・・

Repeat: Did you just call me ---? / Why did you say ---?

Principle: I don't like it. / What you did is a harassment.

Order: Stop it. / Never do that again. / Leave women alone.

What do you think if someone harass your sister / mother / daughter like that? *2

4. 周りの人にできること

ある日家の近くを一人で歩いていたら、近づいてきたトゥクトゥクに乗っていた酔っ払い3人組が、笑いながら口々に"Do you want to fuck me?"などとひどいことを言ってきたことがありました。行き先は目の前だったので、目を合わさないように歩き去ってその場はしのいだのですが、行き先のビルでエレベーターに乗ってきたカップルの男性の方が、「さっき大丈夫だった?」と聞いてきました。こんなにひどいのは初めてでショックを受けていたこともあり、一瞬何のことかわからずポカンとしていたら、3人組に嫌がらせを受けていたときすぐ後ろを歩いていた、と言います。あんなひどい目にあっていたのに大丈夫なわけがない、その場で一言声をかけてくれれば3人組はすぐ立ち去っていたはずなのに、と思うと、涙が出てきました。その場では何も言えなかったのですが、今でも「気遣ってくれてありがとう。でも次に同じような目に遭っている人を見かけたら、その場で何か行動を起こしてください」と伝えればよかったと、とても後悔しています。

ハラスメントを見かけたら、

  1. 加害者に注意する、じっと見る
  2. 被害者に大丈夫か聞く
  3. 加害者か被害者のどちらかに時間や道を聞くなど関係ないことを話しかける
  4. 通りがかりに加害者に聞こえるように「よくないよね」などと言う
  5. 被害者のすぐ横に立つ
  6. 加害者の写真を撮る

などの方法で助けることができます。*3もちろん、介入することで自分の身に危険が及ばないようによく注意しなければいけませんが、周りの人が見ていると思わせるだけでも全く違います。周りの人たちが見ていることを示すだけでも、嫌がらせする方はしづらくなり、された方は安全を感じることができます。

 

最後に、元気の出る動画をご紹介。街中でハラスメントを受けたら、追いかけてキラキラの紙吹雪が出るパーティー用のおもちゃの銃(Confetti Gun)を「発砲」し、背中に背負ったスピーカーを鳴らして「Sexista(スペイン語で「性差別主義者」の意味) Punk 」を歌うという、パンクな活動をしているメキシコの女の子3人組です。おもちゃの銃も音楽も彼女たち自身も、明るくて楽しくてかわいくて、これなら逆恨みされずに加害者を恥ずかしい目に合わせることができるし、動画を見るだけでとてもすっきりします。

youtu.be

みんなで安全に、堂々と街を歩きましょう。

*1:この動画は、公開された後、白人男性が声をかけているところを編集カットして、黒人やヒスパニックの男性ばかりが加害者かのように演出しているとして批判され、制作した団体は意図的ではなかったと謝罪しました。たとえ意図的ではなかったとしても許されることではありませんが、これが一番、ハラスメントがどんなに不快かわかりやすい動画だったので載せることにしました。

*2:こういう言い方は、「女性は男性の所有物としてのみ価値がある」というような考えを助長するので良くないと言う人もいますが、常識のない人たちに手っ取り早くわからせるのには効果的な言い方だと思います。

*3:Hollaback! You have the power to end harassment |  What To Do If You Experience/Witness Harassment