読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文学

『昨日の午後のこと』 ワルサン・シレ 

叔母さんの家に火がつけられた テレビみたいに泣いた お腹から崩れ落ちて 半分に折れた5ポンド札みたいに かつて私のことを愛してくれた人に電話した 平静を装って もしもしと言った 彼の返事は、ワルサン、どうしたの、何があった? 私はずっと祈り続けて…